全身脱毛これいいね!

エステの全身脱毛と医療機関の全身脱毛の違い、それは簡単に表現するならば、美容であるか医療であるかの違いです。

 

たとえば全身脱毛をするにあたって、エステのフラッシュ脱毛と美容クリニックの医療レーザー脱毛とで悩んでいる場合です。値段重視ならばフラッシュ脱毛、効果重視ならば医療レーザー脱毛を選ぶことが正解といえます。これにはそれぞれの脱毛法の根本的な違いが関係してくるのです。

 

まず医療レーザー脱毛ですが、これは美容クリニックなどの医療機関が提供している永久脱毛なので問題はありません。医学的に半永久的な脱毛効果を認められる施術を受けることが可能です。もちろん個人差はありますが、大きな効果が期待できるでしょう。

 

次にフラッシュ脱毛の場合です。フラッシュ脱毛は医学的に永久脱毛の効果を認められていません。医学的に効果を認められた時点で、それは医療行為となります。しかし認められていないからこそ医療行為とみなされず、医療機関ではないエステでも提供できるのです。それを実現するために、フラッシュ脱毛で利用される光照射機は出力を低くしてあります。

 

つまり、エステのフラッシュ脱毛はいわゆる永久脱毛に分類することができない施術であり、医療機関の医療レーザー脱毛はいわゆる永久脱毛と呼ぶことができる施術なのです。

 

この事実を知ると、大半の人がエステに対して不信感を覚えるでしょう。しかし、全てのエステが不誠実な商売をしているわけではありません。たしかにコラーゲンやヒアルロン酸、ゲルマニウム、痩身マッサージ、セルライトなどなど、残念ながら現在の美容業界は疑似科学やバズワードの巣窟といえます。しかし中にはこのような非科学的な効果を喧伝することなく経営を続ける紳士的なエステもたくさん存在するのです。全身脱毛でエステを選ぶさいにも、そういった部分を重視して選ぶことが大切かもしれません。それでも不安が大きければ、医療機関で全身脱毛を受けるべきでしょう。

全身脱毛を受けるに当たって、値段重視ならばエステ、効果重視ならば医療機関となります。美容クリニックなどの医療機関が提供する医療レーザー脱毛は、いわゆる永久脱毛の効果を医学的に認められた医療行為です。医療レーザー脱毛と医学的に効果を認められないレベルの出力で施術が行われるエステのフラッシュ脱毛とでは、どちらの方がより効果が高いのか、比較するまでもありません。

 

しかし、エステのフラッシュ脱毛はとにかく安いというメリットもあります。全身脱毛ともなれば、値段のメリットはかなり大きなものになるでしょう。なぜフラッシュ脱毛は医療レーザー脱毛に比較して圧倒的に安いのでしょうか。それには主に二つの理由が考えられます。

 

まず一つ目は、単純な維持費です。美容クリニックなどの医療機関の場合は、設備の維持や人件費にお金がかかるのです。医療レーザー機器一つとっても、エステのフラッシュ脱毛機と比較すれば高価なものとなります。他にもさまざまな設備が医療機器なので、お金がかかるのです。人件費も医師免許や看護士資格を持った人物を雇うことになりますので、エステよりも高額になります。エステの場合、一切の資格を持たない人物であっても法律上問題ありません。しかし医療機関の場合は絶対に国家資格が必要なのです。

 

全身脱毛 ランキングのことなら

効果抜群!ツルツル全身脱毛ランキング

 

二つ目はキャンペーンなどの広告戦略です。エステは完全にサービス業なので、とにかく顧客を多く獲得することが組織を存続するにあたって最重要事項になります。それ故にキャンペーンでの割引が当たり前のように行われるのです。それらを利用することで、費用を安く抑えることができます。

 

ただし、仮に同一人物がフラッシュ脱毛と医療レーザー脱毛で同じだけの脱毛効果を得られるまで施術を受けた場合、必ずしもフラッシュ脱毛が安上がりとは限りません。フラッシュ脱毛は効果が低いので、全身脱毛に満足のゆく効果を得られるまで通うのなら医療レーザー脱毛の方が安いということもありえます。

全身脱毛を受けたいと希望する人が絶えることはありません。最近では女性だけでなく、男性が全身脱毛を希望するケースも増えてきています。これほどまでに全身脱毛がブームになっている背景に、大手エステサロンの広告戦略が関わっていることは誰もが知るところでしょう。しかし、エステサロンの脱毛というものがどういったものなのか、それを正しく把握している人は意外と少ないのが現状です。

 

エステサロンで行われる永久脱毛について正しく理解するには、まず2001年に厚生労働省から発せられた通達を知る必要があります。この通達は、医師免許を持たない人間がレーザー脱毛をした場合、医師法違反とする、といった内容でした。簡単にいうと、レーザー脱毛は医師以外の人間が行ってはならないという内容です。

 

この通達があるまでは、ニードル脱毛、レーザー脱毛が医師のいないエステで平然と行われていました。ニードル脱毛やフラッシュ脱毛は医療行為に該当するため法的な問題があったのですが、グレーゾーンとされていたのです。そのグレーゾーンがレーザー脱毛を完全に規制したことで、ある程度厳格化ました。

 

しかし通達があったからといって、エステ業界はレーザー脱毛を完全に手放すことは難しい状況でした。既にレーザー脱毛はエステ業界の主力商品となっていたからです。そこでエステ業界が講じた対応策こそが、現在フラッシュ脱毛、光脱毛と呼ばれている脱毛法なのです。光の照射出力を医療行為に該当するレベルより低くすることで、レーザー脱毛に近い性質のサービスを提供することを可能としたのです。

 

当然ですが、現在エステで行われているフラッシュ脱毛、光脱毛といった脱毛法は、医療機器で行われる本来のレーザー脱毛に比較すると、いわゆる永久脱毛としての効果は低くなります。医学的な効果を認められていないからこそ、サービスを提供できるとも言い換えることができるでしょう。しかし価格が安く手軽なこともあり、現在も人気の脱毛法となっているのです。