赤ちゃんモデルで一生の思い出を作る

ロゴ
トップページ
<しっかりとした事務所に所属>
赤ちゃんの姿は、どんな仕草もでも可愛いですね。 我が子が日々成長する姿を、デジタルカメラで撮影されているご両親も多いのではないでしょうか。 そんなお子さんのベストショットをオーデイションに送ることから、あなたとお子さんの人生が大きく変わるかもしれません。 オーディションに合格すれば、プロが撮影したたまらなく可愛い我が子の姿が、ベビー雑誌やおむつの公告などに掲載されます。 そうすれば、一生の思い出になることは間違いありません。 将来、子ども芸能界に入れたいと思っているご両親も、そうでないママやパパも、赤ちゃんモデルのオーディションに申し込んではいかがでしょうか。 赤ちゃんがモデルでいられる時期は短く、芸能活動を続けるなら、キッズモデルや子役へとポジションを変えていく必要があります。 子役で活躍させたいなら芸能プロダクション。 雑誌やテレビのモデルにしたいなら、モデル事務所。 赤ちゃんのときだけモデルをさせたいなら、キッズモデル事務所というように、子どもの将来を考えながら信頼のできる事務所を選ぶと、なんども所属事務所を変えずにすみます。 私は自分自身が芸能界に憧れていたこともあり、我が子が素敵な役者になればいいなと願って、芸能プロダクションに所属させています。 いずれにしても、しっかりとした事務所に所属していれば、オーディションに参加できる機会が多くなります。 また、合格するコツを教えてもらったり、ママ同士で情報交換をしたりできます。 事務所に所属すると具体的な目標ができるので、親の毎日もとても充実したものに変わりました。 夫の両親や、私の両親も、自分たちの孫がモデルになっている雑誌を購入するなど、とても喜んでくれています。

<赤ちゃんモデルは当日がかなり大変>
赤ちゃんモデルのオーディションに受かって、浮かれている親御さんも多いでしょう。 ですが本番まで気を抜いてはいけません。 本番赤ちゃんがぐずってしまい、良い映像や写真が撮れなければ、他のお子さんへ代わりにやってもらうことになります。 一度決まったからといって、絶対に自分たちの子供でとってくれるとは限らないのです。 もしかしたら他のお子さんへチャンスが渡ってしまう、ということを理解しておきましょう。 当日は赤ちゃんを連れていくのも親御さんの役目です。 そして忘れてはいけないのが、赤ちゃんが泣いたときなどに機嫌を直すための道具を持っていく、ということでしょう。 いつも利用しているものを持っていき、撮影中や待機中に赤ちゃんが泣きだしてしまっても、すぐに笑顔に戻していつでも撮影に参加できるようにするというのも、親御さんの大切な役目となります。 赤ちゃんモデルの仕事は、待ち時間も長いのです。 そのことを理解しておいてください。 ついてすぐに撮影〜終了というわけではありません。 何度も取り直すことだってあるでしょう。 とても華やかな世界のイメージが強いですが、それ以上に大変な作業が多いことを理解した上で、赤ちゃんモデルのオーディションに挑戦してください。 大変だからこそ良い思い出になるでしょうし、受かった時、商品や映像に自分の子供が映っているのを見た時に感動が倍になります。 まめで良い表情がとれるように努力できる親御さんなら、挑戦できるでしょう。



Copyright(c) 赤ちゃんモデルで一生の思い出を作る. All right reserved.