医師が転職する理由とは

最近、医師の転職先で人気となっているのが美容クリニックや美容皮膚科です。 ほとんどの美容クリニックは、19時や20時までの診察なのでサラリーマンと同じような働き方ができます。 夜は、ちゃんと21時や22時には帰宅できるので、家族と一緒に過ごせる時間も十分あります。 独身の医師も恋人と食事や飲みに出掛けたり、デートや趣味なども楽しめます。 しかも、美容クリニックは、病院勤務よりも収入が増える場合が多く、脂肪吸引やボディメイク中心の美容クリニックなら、年収2000万円〜、医療レーザー脱毛やアンチエイジング中心の美容クリニックでも年収2000万〜4000万円と高収入を稼ぐことができます。 最近は、テレビ番組でも美容クリニックのプチ整形やアンチエイジングが話題になっていて、美容クリニックを利用する方が増えているようです。 しかも、男性専門のクリニックの求人も増えていて、男性専門のクリニックも高収入を稼げます。 男性専門のクリニックは、ED治療や医療レーザー脱毛専門外来など多数あります。 このような最新の治療をしているクリニックは、医療設備も整っているので、新しい医療を学ぶこともできます。 全国各地の美容クリニックの求人を探せ、テレビでも度々見かける大手の美容クリニックの求人も探せます。 このような大手の美容クリニックには有名な医師も多数在籍しているので、学べることは多くあります。 それに、何といっても病院のように緊急性が少ないので、比較的、リラックスして働けるのが一番のメリットだと思います。医師転職ランキング.jp

病院で働く医師も、今までと違う病院へと転職をする事があります。 その際に、どの様な事を理由に職場を変えるのでしょうか。 より条件の良い病院に移るといった事や、より高いスキルを身につける為に高度な医療技術を持つ病院に移るといった事が、まず考えられますね。 ですが、医師が勤務先を変える理由はこうした事だけではない様です。 例えば毎日の病院勤務に疲れて、もっとゆとりを持って働ける職場を求めて転職する方も多いのです。 そうした方に人気が高いのが、非常勤の医師としての勤務です。 非常勤とは、言い換えればお医者さんとしてアルバイトをするという事です。 病院関係の仕事を専門に扱う転職サイトでは、非常勤の求人情報も沢山見つける事が出来ます。 非常勤の魅力は、何と言っても自分に適した勤務条件を選べる事です。 例えば、午前中だけの勤務や日曜祝日だけの当直医といった仕事が選べるのです。 また、アルバイトと言っても医者として仕事をするわけですから、給与は一般的なアルバイトとは比較にならないほど高額です。 具体的には、時給換算すると1万円以上の給与を支給される場合が多くなっています。 つまり、午前中に3時間勤務するだけで日当3万円を得る事が可能なのです。 また、週末に当直医として足掛け3日間勤務するだけで、20万円ほどの給与が得られる仕事などもあります。 こうした給与の高さを利用すれば、仕事の時間を大幅に減らして余った時間を好きな事に費やす事も可能となります。 この様に、資格を生かしてライフスタイルを変える事も、医師 転職する理由となっているのです。

医師の転職先は病院だけではありません。 生命保険や製薬会社の求人も増えています。 生命保険での主な仕事は、加入者に持病があるかどうかなどの健康状態をチェックをはじめ、社員の健康管理や生命保険に関わる医学的研究などがあります。 もちろん、生命保険会社なので、夜間や当直などはありませんし、夕方の18時や19時には帰宅できるので、既婚者の女性が多いようです。 OLと同じような働き方ができるので、小学校高学年や中学生のお子さんがいるお母さんもたくさん活躍しています。 休みも土日、祝日なので家族と過ごせる時間は十分にあります。 また、生命保険は、福利厚生も充実しているので働きやすいと思います。 産前産後休暇や、育児休暇があるので、女性にも働きやすく、最近は、お父さんのための育児休業のある会社も増えています。 また、年収は、1200万円前後が一般的で、病院勤務と比べると年収はそれほど高くはありませんが、働きやすさは抜群です。 ただ、生命保険会社など企業の医師求人は、病院の求人と比べるとそれほど多くはありません。 募集していてもそれほど多数募集しているわけではありませんし、転職サイトで探すのが便利です。 転職サイトを利用すると、一般の企業に就職したことのない医師でも、サポートがあるので安心できます。 また、製薬会社のメディカルドクターは、医薬品の開発や工程、管理業務が主な仕事となります。 英語によるコミュニケーションが取れる方と比較的、高い条件を求めている製薬会社もあります。

最近、在宅診療の医師求人が増えています。 高齢化社会で、在宅で診療を受けているお年寄りも増えており、今後も需要が求められています。 この仕事は、定期的に在宅診療が必要なお年寄りの家庭や福祉施設をまわり、健康状態などをチェックしてケアしていきます。 訪問看護師との連携も大切で、お年寄りがいる家族とのコミュニケーションも必要です。 また、アルバイトとして働くこともでき、診察の合間に在宅診療している開業医も増えています。 求人は、比較的、都心に多く、アルバイトでも1日に5万円以上稼げる在宅診療の求人もあります。 今は、非常勤で働いている医師が増えていますが、病院と掛け持ちでアルバイトすることも可能です。 病院から転職する方も多く、病院とは違う働き方もできます。 特に最近は、老人ホームをまわることが多く、老人ホームの在宅診療の求人が増えています。 年収は、地域や施設によって違いはありますが、高い求人だと年収2000万、首都圏は比較的高めで募集されています。 意外と、病院勤務と比べて収入アップしている方も多く、他の病院と掛け持ちをしているアルバイトでも年収1500万円以上稼ぐことは可能です。 在宅診療は、アルバイトとして働きやすく、未経験でもはじめやすいようです。 運転手や看護師と3人で車でまわることが多く、個人宅なら1日に15件ぐらいをまわります。 土日休みで夜勤なしの在宅医療クリニックの求人もありますし、週4回とスローペースで勤務できるのも魅力だと思います。

私の叔父は、地元のとある病院で医師として働いています。 もうかれこれ20年以上同じ病院で勤務し続けているのですが、最近になって、転職を考えているそうです。 その理由は、「夜勤や緊急の呼び出しが体にこたえるから」だと言っていました。 若い頃は1日や2日寝なくてもバリバリ働くことができていたものの、歳をとってくると、どうしても肉体的に大変なようですね。 給料や人間関係などは申し分ないので、叔父もできることならば働き続けたいとは思っているらしいです。 病院側からも引き止められているそうなのですが、体を壊してしまっては、元も子もありませんからね。 一般的な職業に比べると、医師というのは、どこでも引く手あまたの状態です。 叔父はもう60歳を過ぎようかという年齢ですが、まだまだ転職をする際の選択肢はたくさんあるみたいです。 ただ、やはり「夜勤なし」「短縮勤務」などという条件をつけようとすると、希望通りの職場はなかなか見つからないかもしれませんね。 私も何気なく転職サイトを検索してみたのですが、叔父が望むような勤務環境の病院や施設はそれほど多くはありませんでした。 あらためて、医師という仕事は激務だということを実感しましたね。 もちろん私が知らないような非公開の求人というものもあるでしょうから、一概には言えません。 叔父は真面目に患者さんのことを考えて働き続けてきた人ですから、彼にとって働きやすい職場が見つかることを陰ながら祈っています。